スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【男は女子に興味ないぜ。男は友情の方が大事だぜ理論】

人生で初めてラブレターをもらったのは、小学2年生だった。
学校の帰り、下駄箱の中に封筒が入っていた。
「何だろうこれ?」と隣のA君に聞いた。
「おい、それ、ラブレターじゃないのか」とA君は興奮気味に答え「早く中身を開けてみろよ」と急かした。
どんな文面だったかは今では覚えていないが、「シャキシャキ玉ねぎさん(僕のこと)が好きです」のようなことが書いてあり、ドレスで着飾った女の子の絵が描いてあった。ドレスの女の子は手紙の差出人なんだろう。名前は記されていなかった。

そこでA君が言った。「うわー、ラブレターじゃん。うわー」「シャキ玉これどうするんだよ。お前こんなのもらって嬉しいのかよ」
当然、人生初のラブレターをもらって嬉しくないはずがない。なのに「そんなことないよ。誰だよこいつ。知らないよ。いらないよ」
と強がってみせた。
「そうだよね。俺達友達だもんね。女子なんか嫌いだよね」
ここで未成年特有の【男は女子に興味ないぜ。男は友情の方が大事だぜ理論】が発動した。

「捨てちまおうぜ」とA君は言った。
「おまえいらないんだろ?」とA君は僕に強く同意を求めた。
「・・・・・うん、いらないよ」
独立心なんて言葉すら知らない、若きシャキ玉青年は【男は女子に興味ないぜ。男は友情の方が大事だぜ理論】に逆らう勇気がなかった。
玄関から教室に戻ると、ゴミ箱の前でA君は手紙を奪い取り、「ははは、ははは、ハハハ」と笑いながらラブレターをビリビリと破り出したのである。「ビリ、ビリ、ビリ」くらいではない。「ビリビリビリ、ビリビリビリ、ビ、ビ、ビ」とかなり細かく破り捨てたのである。
教室の片隅でニヤニヤと笑いながら手紙を破る、あのA君の後姿は忘れられない。

スッキリしたA君は「さっ、帰ろうぜ」とそそくさと歩き出した。
ゴミ箱の中を覗くと、ドレス姿の女の子がバラバラに切裂かれていた。胸が苦しくてたまらなかった。


たぶん、あまりに衝撃的なことで、誇大して記憶しているんだと思う。
だけど、A君がラブレターを「捨てようぜ」と言い、僕はそれを断ることができず、A君が教室のゴミ箱に破り捨てたのは事実である。僕は破っていない。
「おまえも破れよ」という鬼の一言がなかっただけましだったろうか。

あのA君は、今どこで何しているんだろう?
A君はお洒落なイケメンさんで、中・高生時代にはめちゃめちゃモテた、僕なんか足元にも及ばない美男子である。

7歳の僕は怖い怖い人間の妬みを知ったのだった。「大事なものだから、捨てることはできない」そう言えなかった、臆病さと共に。

今も忘れることができない悲劇の一つだ。







スポンサーサイト

カラオケ音痴の嘆き。

カラオケが嫌いである。
無論、音痴だからである。

歌いたくないのに「シャキシャキ玉ねぎも歌いなよ」と迫られる。
「音痴だから」と頑なに拒否していると、「テンション下がる」と言われたり、「シャキシャキ玉ねぎさんの歌声が聞きたい」とおだてられたりする。
いや、音痴だから。歌いたくないの。わかるでしょ。
この日本人特有の同調圧力には本当にゲンナリさせられる。「私たちがやってんだから、あなたも合わせて」ってやつである。
この圧力に苦しむ同士は多いはずだ。

仕方がないから一曲歌う。


すると、私が本当に音痴であることが分かると、たちどころにきまりの悪い雰囲気が漂う。
「歌うことを強制させた人」たちの手拍子は鳴り下がり、2題目に入るときは、お菓子を食べ出したり、隣の人と話しだしたり、俯いて選曲し出したりするのである。

だから言ったじゃん。

個人主義の欧米ならば、
「シャキシャキ玉ねぎも歌をうたう?」
「いや、私はいいや。音痴だから」
「そう、無理して歌うことなんかないもんね」

となるんじゃないかと空想してしまうのである。

加害者たちよ!
カラハラは止めておくれ!
やりたきゃ自分たちでやっておくれ。
やりたくもない野球に付き合わされて、エラーするたびにジャイアンに怒られるのび太を不憫に思わないか!

しかし、そんな私も場面が変われば立場も変わる。
「もうちょっとくらいお酒飲めよ」「俺はお前と一緒に酒が飲みたいんだ。俺の酒が飲めないのか」
と友達と喧嘩したことがある。
アルハラじゃん。

やれやれ、人の嫌がることはやめましょう。嫌なことは嫌と相手に伝えましょう。
だけど嫌嫌ばかり言っていると人間関係うまくいかないからね。

人間に悩んでいるんじゃなく「空気」に悩んでいる私たち。



こだわること

こだわりをもっている人は「かっこいい」だとか「個性的」と言われがちである。
こだわりのない人は「人間的につまらない」というレッテルを張られる場合がある。決して嬉しい気持ちにはならない。
「こだわる」ことが良いことと考えられるようになったのはいつからだろう。

「私はコカ・コーラよりペプシ派なの」というこだわり。「バッグはヴィトンじゃないとだめ」というこだわり。「部屋の家具は全てシルバーで統一する」というこだわり。「乾杯は必ず日本酒じゃないと嫌だ」というこだわり。「高速道路は直線的でつまらないから下道しか走らない」というこだわり。
どうしてこれらを「わがまま」と言わないのだろう。

子ども時代、「わがまま」は悪いことであり叱られる対象だったはずだ。なのに大人になると「わがまま」は「こだわり」にすり替えられ「良い」こととされ、一目置かれる。それは本当にこだわりなのか?それとも単なる「大人のわがまま」なのか。立ち止まって考えてみよう。

そもそもこだわりとはネガティブな意味合いがあったように思う。「拘る」と表記すればイメージしやすいかもしれない。ネットで「拘る」の類義語を調べてみると「拘る ・ 拘泥する ・ 固執する ・ かかずらう ・ 譲歩をしない ・ 押し通そうとする ・ 囚われる ・ 視野狭窄に陥る ・ 執着する ・ 執心する ・ 一歩もひかない」(Weblio類語辞典)とある。このような意固地で融通の利かない人は敬遠されがちであろう。
本当の「拘る」とは、本田圭佑が「俺はビッククラブのエースになる」と言っているような、固い意志ののもとに使用されるべきかもしれない(大げさだけど)。若者が使うこだわりは「大人のわがまま」であり「好み」という程度を指している。誰もそのこだわりに人生をかけてなんかいない。

ではなぜ私たちは「こだわりというわがまま」を求めるようになったのか。
それはきっと、個性的であることを社会が求めるようになってきたからである。メディアに出てくる芸能人やスポーツ選手、文化人は皆「個性」を武器にして生活している方々だ。そういう方々を見て、憧れ、夢をもつことを推奨している、社会が。
私たちは単にそういう人たちを「真似て」みてるだけなんじゃないか。そういった半端な「こだわり」をもつことを個性とは言い難い。
人と違うことを多くの人が求める。
私にしかないもの、僕が僕である理由、自分探し。アイデンティティを確立するために個性を模索する。自分探し。

自分探しという行為は社会では否定的に見られているように思うのだが、私的には「いい時代だな~」と思わず微笑んでしまう。自分探しという現象が出てきた社会背景の一つに「社会の豊かさ」が挙げられるだろう。
汗水垂らして日銭を稼がずとも、食べていける。食べていくことに心配しない豊かな人が「自分探し」をするのである。自分にあった職業は何か。自分の中にある潜在的な才能は何か。
いいじゃないの~。余裕あるじゃないの~。考えればいい。後で「あの時は若くて愚かだったな」と思ってもいい。
「私とは何か」や「人生の意味」的なことは人間が生きる以上、誰もが一度は考えるだろう一般的な問いである。「自分探し」もそれに近い。
古代のギリシアで、奴隷に働かせて、自分は瞑想にふけっていた哲学者より。。。よい。

しかし、「自分探し」「個性探し」をした結果が「半端なこだわり」を持つことに行き着くと悲しい。
本当の意味で「拘る」ことは相当難しい。本田圭佑や卓球の伊藤美誠なんかは拘ってるな~と思うけど、想像するに、そこには多大な犠牲(大きなもの得るには、多くを捨てなければならない)や周囲の人のフォローがあるに違いない。
「こだわるのなんて楽じゃないよ~。つらいよ~」


オチが見つからない・・・・が、無理やりまとめに入る。


①私たちが使う「こだわり」のほとんどが「大人のわがまま」=「好み」程度であるということ。
②大人になったら「わがまま」が許され、好まれるのはなぜ??→社会が個性を求めている傾向がある

以下、できればこんな帰結にしたかったこと。
③個性=「大人のわがまま」ではないんじゃない??
④多くの人が「大人のわがまま」を実践し積み重ねることで自分なりの個性を作り上げている。皮肉にも、その行為自体がいたって非個性的であること。オルテガの言う「周りの人と同じことをし、同じものを好み、同じであることに安心する大衆」と同一の行動パターンであること。
➄私たちや社会が個性を求める現象・・・・その根底には「安心」があるのかも。。。つまり、「個性的であること」や「キャラ立ち」を社会が礼賛し、求めている。私たちはそれに応えないことには大衆からはみ出されてしまう。キャラ立ちすることで自分という存在もはっきり明瞭になるし。。。。
個性磨きで自分を際立たせ、自己を確立したい。そうすることで社会の中での自分も定まってきて、安心と安定が得られる。。。バンザイ!



いつもながら、全然根拠立ってない、感覚と思い込みによる雑感(泣)




うるせぇ、ババァ。

雑誌『暮らしの手帖』に「今日拾った言葉たち」というコーナーがあった。執筆者は武田鉄砂。最初、読み違えて「今日捨てた言葉たち」だと思い「なんてシュールで詩的な表現なんだろう」と思った。だが正確には「拾った言葉」で、なんだか平凡で拍子抜けした。ということで、今回は「捨てた言葉」を書いてみたい。

私事で恐縮なのだが、高校時代、私は母と折り合いが悪く早く家を出ていきたくてならなかった。大学は必ず県外へ行くことにしていた。(今になればその進学費用誰が出すんだい??って話ですが)
両親との軋轢は、けっこう多くの方が身に覚えあるんじゃないだろうか。特に思春期や青年期は皆が通る道ともいえる。うちの姉は「父親の衣類とは一緒に洗濯しないでくれ」と言い、母親の手を煩わせていた。また実に、日本男児の5割は母親に対し「うるせぇ、ババァ」と言ったことがあるそうである(筆者想像による)。。

センター試験当日。
母が朝食に食パンを焼いてくれた。時間を見誤ったのか、パンはまっ黒焦げで食卓に並んでいた。母は謝る様子もなく「○○さん家の◇◇さんが昨日から長野に旅行に行っているんだって」というどうでもよい話をしている。センター試験当日の朝という、息子が非常にナーバスな時に、うっかりパンを焦がし、いつもと変わらぬどうでもよい話をペラペラ話す母をどうしても許せなかった。この時ほど母を憎んだことはない。
もちろん、母親としてはいつもと変わらぬ日常を演じようとしていたのかもしれない。それでも、その日だけは、パンを焦がさないでくれ母よ。幸先悪いじゃないか(笑)
その日、朝から母親と喧嘩することになったのである。

「うるせぇ、ババァ」、当時は何度も言った記憶がある。その度に「誰に向かって口をきいているんだ」と叱られたことを思い出す。これからは「うるせぇ、ジジィ」と言われる番である。世の中よく出来ている。
30歳になった今、さすがに今後「うるせぇ、ババァ」という言葉を発することはないだろう。
ということで、「うるせぇ、ババァ」という言葉を今日限りで捨てることにしたい。もう使わない。「今日捨てた言葉」とは今日から使わないと決意した言葉のことである。
さよならババァ。あの時の自分。

言葉のダストボックスは、言葉のアルバムでもあるのかな。なんてね。





ショッピングの対価

ショッピングをしに行って、何も買わずに帰ってくると、なぜか損した気分にならないだろうか?

例えば、車で1時間かけてショッピングセンターへ行ったとしよう。服を見に行ったのにお気に入りのものがない。靴を探しに行って好みのものがあったけどちょうどいいサイズがない。おいしいと評判の中華料理店に並んで入ったけど、全体的に脂っこくて好みでない。(以上は私の経験談である)
こんな時、私たちは非常に絶望的な気分になる。イライラして不機嫌になる。今日の星占いのせいにしたくなる。それはなぜか。「せっかくの休日が無駄になった」と考えているからである。休日なんだからのんびりウィンドウショッピングを楽しみ、心をリフレッシュさせればいいじゃないかとは考えにくい。つまりは、「ショッピング=欲しい物の購入=購入できたことによる満足感」という観念が染みついているのである。ショッピングの目的とは「購入」なのである。欲しかった物や掘り出し物を購入できなかった場合、それは「時間の浪費」「無駄だった」とさえ考えてしまうのである。ショッピングとは物を購入してこそ「目的」は達成され「欲求」は満たされるのである。

部屋の周りを見渡してみよう。
私の洋服ダンスを調査してみると、普段着る服と、1年以上着たことのない服&一度くらいしか着たことのない服の割合は13:6であった。(意外に着ている服が多かった)着ることのない6枚は来年の大掃除の廃棄リストに上がっている。
次に本棚を見てみよう。さすがに全ては数えられないが、「完読したもの:読みかけのもの&ページをほとんどめくっていないもの」の比率は、(見栄を張って)「4:6」というところである。

これらデータが指し示すものは「買って満足」しているということである。服も本も購入することで一定の満足感を得ており「欲求」は満たされているのである。
ショッピングの対価は「購入することで得られる満足感や充足感」なのである。ショッピングにはその対価を求められる。結果を出さなければ意気込んでショッピングした甲斐がない。私たちは休日であろうと何かの成果を求めている。
あーー息苦しい。そうやって5月22日(日)の休日は過ぎゆく。さしたる成果もなく。



プロフィール

Author:シャキシャキ玉ねぎ
人間について深めるブログです。
違った考えや捉え方を指摘していただけると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。